三陸産 焼きうに

焼くことで水分が抜け、うに本来の甘みと風味が凝縮した焼うには三陸の高級珍味です。ダイバーが海に入り、一個ずつ大事に獲ったキタムラサキウニをあわびの殻に綺麗に並べ蒸し焼きにして仕上げます。ウニが好きな方には一度は食べて頂きたい三陸の名産品です。

商品のご紹介



お皿にのせた焼うに ムラサキウニ

ダイバーが採った鮮度の良いうに


焼きうにの原料はうにだけなので、素材の良さが味を決めます。石巻の金華沖でダイバーが1個ずつ丁寧に採った鮮度の良いうにを使用しています。見た目にも綺麗で、うにの粒をしっかりと味わえる一品です。

三陸でもこれだけ綺麗な焼うには滅多にお目にかかれません。うにの黒い内蔵などが入っていないので、見た目を楽しみながらうにの美味しさだけを純粋に楽しむことができます。


三陸沖で採れるキタムラサキウニとは


ウニの種類は数百種類とありますが、豊洲市場で取り扱われる主なウニは「エゾバフンウニ」と「キタムラサキウニ」になります。エゾバフンウニの身は鮮やかなオレンジ色で「赤ウニ」と呼ばれ、「キタムラサキウニ」は黄色で色が薄いことから「白ウニ」とも呼ばれます。

生で食べるとエゾバフンウニは濃厚な味わい、一方キタムラサキウニはさっぱりとした上品な味わいです。しかし、キタムラサキウニを蒸し焼きにすると余分な水分が抜け、「濃厚かつ上品な味わい」へと変化します。

食べやすい大きさが嬉しい


焼きうには三陸沖の特産品ですが、貝に山盛りに乗せてあるのが通常です。
山盛りの焼きうには一度解凍したら2〜3人で食べるか、お一人でしたら残った分を翌日に食べなければいけません。
しかし、当店の焼きうにはお一人様用。食べきりサイズで丁度よい量に盛り付けています。山盛り焼きうにの半分の量でお値段も半分です。

焼きうにの美味しい食べ方


冷蔵庫で自然解凍でも良いですし、少しレンジで温めることでさらにウニの風味が増します。そのまま食べれば素材の美味しさを味わえ、お好みで醤油を少し垂らしても美味しいです。地元ではうにご飯に使うこともありますが、高級珍味としてお酒の肴で食べられています。

レシピ



詳細情報

名称焼きうに
原材料名うに(宮城県産)
内容量40g
賞味期限3ヶ月
保存方法冷凍庫で保存して下さい。
発送種別 冷凍便
送料 別ウィンドウで開く
販売価格
1,500円(内税)
購入数
通常1〜3日以内に発送します。
常温品のみのご購入の場合は次画面で「ヤマト運輸」を選択して下さい。
冷蔵・冷凍商品を含む場合は、「ヤマト運輸(クール)」のみ表示されます。
(常温品と冷蔵・冷凍商品を選んだ際は、まとめてクール便でお送りします。)

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています

<オリジナル惣菜>を6個以上の購入で送料無料

他の商品を追加しても送料無料となります。

オリジナル惣菜